それだけでその風俗嬢が気に入った

それだけでその風俗嬢が気に入った

投稿日:2015年6月20日 カテゴリ:一物をクリーンにする風俗体験談

スレンダーというかガリガリに近い細さを持った風俗嬢と当たってしまった。普段何を食っていたらあそこまで細くなるのか、肥満気味な自分には到底分かるはずもない。部屋へ入ってきて、いきなり抱き合ったけどそこで結構驚いた。「うわ~、おなかプニプニ~」と楽しそうに肥満なお腹を指でプニプニ。そんなことをされた事がなかったので、それだけで彼女の事が好きになる自分がいた。胸は大きくない。緩やかに膨らんだ胸の上には大きめの乳首がぽつんとある。指でコリコリしてあげると感じてくれたようで、乳首を重点的に攻めてあげた。40歳近い男のペ○スをおいしそうに頬張る20代前半の女の子、その健気な姿に興奮もする。奥までしっかりと咥え込んでくれて、先端が彼女の喉に当たっていた。我慢ができなくなり、うっかり口内発射。ウグッというこもった彼女の声を発しながらも、すべてを飲み込んでくれた彼女には最高という言葉がピッタリ。先日の風俗散々で、久々に風俗で景気良く発射することができた。彼女とはまた会いたい。